スポンサーリンク






2015年11月25日

英語:中学一年生、this thatなどの指示語の教え方のコツ。

<英語:中学一年生、this thatなどの指示語の教え方のコツ。>

中学一年生の英語では、this thatなどの指示語への理解が大切になってきます。

教科書でまとめて覚えていくのは、I my me mineのようなパターンのみ。

this thatのような指示語はあまりまとめて教わる機会は少ないです。

私は、中学一年生へは、指示語がある程度出そろった10月以降にまとめて教える決まった教え方のパターンがあります。

本日は、英語:中学一年生、this thatなどの指示語の教え方のコツ。について書いていきます。続きを読む
posted by アレスト at 09:07 | Comment(0) | なるほど!英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

英語:中学1年生、名詞の複数形の教え方のコツs・esの付け方のルール

<英語:中学1年生、名詞の複数形の教え方のコツ@s・esの付け方のルール>

ac36df350edc0fea225fed1ef521149c_s.jpg



中学1年生の英語の授業、この時期は名詞の複数形を学習します。教え方は簡単!なんて思っている塾講師の方は要注意です。理解しやすい内容ではありますが、教え方によっては生徒は全くわからない…という反応を示すことがあります。名詞の複数形は、英語の勉強において長いお付き合いをするものです。教え方のコツをしっかりと理解して、理解度を上げていきたいものですね(^^;


本日は、英語:中学1年生、名詞の複数形の教え方のコツs・esの付け方のルールについて書いていきます。


中学1年生、名詞の複数形s・esの付け方のルールの教え方のポイントは「簡易版と完全版がある」です。



続きを読む
posted by アレスト at 11:30 | Comment(0) | なるほど!英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

英語:接続詞thatの教え方のコツ

<英語:接続詞thatの教え方のコツ>

久しぶりの英語の教え方のコツです。

先日、生徒に接続詞thatを教えましたが、ちょうどその直前に研修にて接続詞thatをやったばかりでした。

接続詞thatは、教えるポイントは1つだけですが意外と説明を上手くしないと混乱を招く単元になります。

あなたの接続詞thatの教え方はどのような形でしょうか?

本日は、英語:接続詞thatの教え方のコツについて書いていきます。続きを読む
posted by アレスト at 23:22 | Comment(0) | なるほど!英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
t