スポンサーリンク






2015年06月02日

英語:接続詞thatの教え方のコツ



<英語:接続詞thatの教え方のコツ>

久しぶりの英語の教え方のコツです。

先日、生徒に接続詞thatを教えましたが、ちょうどその直前に研修にて接続詞thatをやったばかりでした。

接続詞thatは、教えるポイントは1つだけですが意外と説明を上手くしないと混乱を招く単元になります。

あなたの接続詞thatの教え方はどのような形でしょうか?

本日は、英語:接続詞thatの教え方のコツについて書いていきます。



スポンサーリンク





ここが重要!

・接続詞thatは分割して教える。

英語の接続詞thatの文章では、一つの文章に主語が二つ出てくることがやっかいです。

接続詞thatの形としては、このようになります。


形)主1+動1+that+主2+動2 〜 .

例)私は彼が学校に行くことを知っている。

I khow that he goes to school.


これまで、主語+動詞と教わってきた生徒が、「あれ?文章の中に主語が二つあるぞ…」と悩んでくるので、先手を打ちたい所ですね。

私の接続詞thatの教え方はのキーワードは分割です。


形)主1+動1+that+主2+動2 〜 .

例@)私はそれを知っている。

I khow it.

例A)彼は学校に行く。

He goes to school.

例B)私は彼が学校に行くことを知っている。

I know that he goes to school.


このように文章を区切ることで、接続詞thatがわかりやすく文章を捉えることが出来ます。

ポイントは、文章は主語と動詞。この文章の主語は「私は」。動詞は「知っている」。まずはこれを主語+動詞
で書けるかどうかです。基本が固まれば後は、残りの主語と動詞に目を向けて英文を書いていけばいいでしょう。


教え方のコツ!

・接続詞thatの良くある間違い。

接続詞thatの文で良くある間違いは、下記のような場合です。


例)私は彼が学校に行くことを知っている。

I khow that He goes to school.


文の途中にheが出てくるパターンに慣れていないので、思わず文の冒頭と同じように大文字で書く可能性があります。あくまでも、この文章の主語は「私は」であることを意識して英文を書いていきましょう。


<以上、英語:接続詞thatの教え方のコツでした。
中学2年生の英語の教え方のコツについて質問・疑問がありましたら、
コメントお待ちしております。>


スポンサーリンク





posted by アレスト at 23:22 | Comment(0) | なるほど!英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

t