スポンサーリンク






2015年04月09日

英語:be going toとwillの意味は細かく説明すると混乱を招く。



<英語:be going toとwillの意味は細かく説明すると混乱を招く。>

中学2年生の英語では、未来形を学習します。

be going toとwillは意味が似ていますが、正確には違います。それをどのように教えるかを考える先生も多いと思います。しかし、私は書き換え問題対応に重点をおくため、意味の違いは細かく説明しません。

本日は、英語:be going toとwillの意味は細かく説明すると混乱を招く。について書いていきます。



スポンサーリンク





ここが重要!

・be going toとwillは書き換えと肯定文・否定文・疑問文の説明に力を入れる。

「be going toとwillは意味はほぼ同じで未来のことをいう」と伝えています。

高校入試では、書き換え問題に重点が置かれる傾向にある為、私は書き換え問題と文法に力を入れています。

英語に精通している方にとっては、その教え方は間違いだ!と仰る方もいるでしょう。

しかし、まずは大まかに理解することが大切だと考えています。意味の正確な違いはその後でもいいのではないでしょうか?

まずは、学校の定期テストでしっかりと点数を取る為に教えていきたいと思います(^^;


<以上、英語:be going toとwillの意味は細かく説明すると混乱を招く。でした。
教え方のコツについて質問・疑問がありましたら、
コメントお待ちしております。>


スポンサーリンク





posted by アレスト at 10:55 | Comment(1) | なるほど!英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
have to とmustでもニュアンスが明らかに違いますからね〜かと言って違いを教えたところで成績が上がるわけじゃないし…

「受験英語」と割り切って教えてます

みんながみんな英語が必要な職につくわけじゃないし…

でもたまにむなしくなります…
Posted by 森屋 at 2015年04月10日 02:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

t