スポンサーリンク






2015年03月25日

数学:正の数と負の数の教え方のコツ



<数学:正の数と負の数の教え方のコツ>

正の数と負の数の単元の中では、数学の用語・言葉を多く覚える範囲になります。

中学1年生の中間テストでは、用語・言葉も数多く出ますので、しっかりと理解させたいですね。

正の数と負の数の教え方のコツの教え方のポイントは「自然数と原点」です。

本日は、数学:正の数と負の数の教え方のコツについて書いていきます。




スポンサーリンク





|用語・言葉の解説


・正の数:0より大きい数

・負の数:0より小さい数

+:正の符号

-:負の符号

自然数=正の整数

数直線で、0に対応する点Oを原点と言う。

正の向き:数直線の左から右への向き

負の向き:数直線の右から左への向き


|自然数をどう教えるか?


この範囲内で、一番教え方が難しいのが「自然数」です。

自然数は、正の整数と説明がありますが、そもそも整数って?と悩む生徒が多いです。

私は、自然数の説明はこのように伝えています。

「分数じゃない&小数じゃない、正の数」

逆説的ですが、今の言い方ですと、分数と小数は該当しないことが分かる為、

自然数を選ぶ問題でかなり役立ちます。

自然数の説明をしっかりと行い、生徒を理解させましょう!



 まとめ
・自然数=「分数じゃない&小数じゃない、正の数」
・正の数・負の数の用語に注意する



<以上、数学:正の数と負の数の教え方のコツでした。
中学1年生の数学の教え方のコツについて質問・疑問がありましたら、
コメントお待ちしております。>


スポンサーリンク





posted by アレスト at 00:10 | Comment(4) | なるほど!数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自然数は「カレンダー」って教えてます。

実際カレンダーを使って
「カレンダーには0も-3も1,5も2分の1もないやろ?自然数はカレンダーを思い出せ」
ってな感じです☆
Posted by 森屋 at 2015年03月29日 13:55
カレンダーは思いつきませんでした!是非、今後使わせて頂きたいと思います!

教え方の工夫集などがあれば、需要がありそうですね(^^;
Posted by アレスト at 2015年03月31日 10:54
1/3+1/4-0.5の計算のやり方を
教えて下さい。
Posted by レインボー at 2017年05月14日 18:39
レインボーさん コメントありがとうございます(^^)
分数の表記が見にくいかもしれませんが、下記に流れを書きます。

1/3+1/4-1/2

まずは、0.5を1/2とします。

=4/12+3/12-6/12

次に、小学生の通分と考えて12を分母にします。

=7/12-6/12

+同士を足し算します。

=1/12

そして7-6と分子の計算をします。

これが計算の過程になります。

参考になれば幸いです。


Posted by アレスト at 2017年05月20日 01:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

t