スポンサーリンク






2014年12月05日

勉強の仕方:テストで分からない問題が出た時に、飛ばすタイミングのコツ。



<勉強の仕方:テストで分からない問題が出た時に、飛ばすタイミングのコツ。>

テストでは、分からない問題にぶつかることもあります。

テストの問題で時間がかかったけど解けた!(^^)!

テストの問題で時間がかかっても解けなかった(>_<)

どちらも経験していることでしょう。

そして、

このテスト問題は時間をかけずに解けた!(^^)!

このテスト問題は時間をかけすぎて解けなかった&テストが最後まで終わらなかった(>_<)

では、テストで分からない問題が出た時に、飛ばすタイミングのコツってあるのでしょうか?

考察してみることにします。

本日は、勉強の仕方:テストで分からない問題が出た時に、飛ばすタイミングのコツ。について書いていきます。




スポンサーリンク





ここが重要!

・テストで分からない問題が出た時に、飛ばすタイミングのコツ。

まず、前提として、飛ばす問題は難しいと判断した問題。難易度が高いテスト問題を想定しています。

ここで言うテストで分からない問題・・・の定義は、文章問題・配点の高い問題・思考力を試される問題など、難しい部類に入る問題のことを指します。

最初の簡単な計算でつまずいている場合は、じっくり考えて点数を取るべきでしょう。飛ばすタイミングを考えるよりは、基礎力を鍛えて飛ばさずに確実に点を取るべきです。

では本題。テストで分からない問題が出た時に、飛ばすタイミングのコツは幾つか方法があります。

<テストで分からない問題が出た時に、飛ばすタイミングのコツ@すぐに飛ばす。>

問題文を読んで、問題文の意味が全く分からない場合はすぐに飛ばすべきです。

問題文の意味がわからないのだから、当然その後の解法に向かえません。

タイミングを逃すとじっくり考え始めて、すべての問題を解けなくなります。


<テストで分からない問題が出た時に、飛ばすタイミングのコツA解法を考えてから飛ばす。>

問題文の意味が理解出来たが、解法がわからない場合です。

まず、そのテスト問題がどの単元の解法なのかを考える必要があります。

数学でいうならば、連立方程式なのか・一次方程式なのか。

英語でいうならば、受動態なのか関係代名詞なのか。

このように、どの単元の解法なのかを考えます。

そこで、分からない場合は閃いていないので、一旦飛ばしましょう。

これもタイミングを逃すと、じっくり考えてしまうので注意が必要です。


<テストで分からない問題が出た時に、飛ばすタイミングのコツB答えにたどり着く最後の過程でわからなくなり飛ばす。>

言い方が回りくどいですが、数学ならば式は立てられた。英語なら文法のどの単元かわかった。

しかし、計算の途中でやり方がわからなくなった。英単語のスペルが思い出せない。

その場合は、テスト問題は一度その時点で飛ばしましょう。


ほとんどの教科において、この3段階のどこかのタイミングで分からなくなっています。

自分がテストで、その問題が解けないときは、出来るところまで戦って次に移りましょう。

そうしないと、飛ばすタイミングを逃し、時間配分がおかしくなり、総合点を落としてしまします(>_<)


タイミングの教え方のコツ!

・後で時間が余ればもう一度戻って解く。

テストはあくまで総合問題。点数を取った方が良いに決まっています。

テストで時間が余った際は、その時間を見直しの時間や、先ほどわからなくて飛ばした問題に再チャレンジさせてください。

後で時間が余ればもう一度戻って解く!この考えが最初にあれば不安になりすぎません。

一番怖いのは、飛ばすことで不安が増大し、余計なミスが増えてしまうことですひらめき

一旦飛ばしたテスト問題は、後で解けばいいんだと必ず理解させてください。

そして、テストで時間がなくて解けなかったとしてもOKであると伝えて下さい。

総合点を取ることが重要ですからね!(^^)!


・テストでは、問題用紙に必ず答えを記入する。

テストは点数勝負です。勘であたって手に入れた点数でも意味はあると思っています。

必ず、飛ばした問題の答えを記入させましょう!タイミングは、テスト終了の5分前に書き始めるといいでしょう。残りは見直しの時間にすることを考えましょう。(飛ばさずに今もう少しで解き終わる場合は、それに集中して取り組みましょう。)


<以上、勉強の仕方:テストで分からない問題が出た時に、飛ばすタイミングのコツ。でした。教え方のコツについて質問・疑問がありましたら、
コメントお待ちしております。>


スポンサーリンク





posted by アレスト at 13:35 | Comment(0) | 上手な勉強の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

t