スポンサーリンク






2014年12月03日

勉強の仕方:「勉強してる」と「勉強が理解できている」は意味が違う。



<勉強の仕方:「勉強してる」と「勉強が理解できている」は意味が違う。>

先程、ラジオにて、歯科医師の方?がこんなことを言っていました。

「歯を磨いていると磨けているは全く別物」であると。

勉強の仕方でも、「勉強してる」と「勉強が理解できている」は意味が全く違います。

本日は、勉強の仕方:「勉強してる」と「勉強が理解できている」は意味が違う。と題して、勉強してると勉強が理解できているの解釈について書いていきます。





スポンサーリンク





ここが重要!

・子供は言う。「勉強してる」と。

塾講師をしていると、口が酸っぱくなるほど保護者の方が「勉強しなさい!」と言っている話を聞きます。

子供は、親が「勉強してるの?」と聞かれると「勉強してるよ!」と言います。


・親は言う。「成績が上がっていない」と。

親目線では、「それでも成績が上がっていない。どういうことだ!」と考えます。

親目線では、成績が上がっていないとそれは勉強してるうちに入らないと考えますよね。

その意味は私も理解しています。


・両者の考えの違い。

一方、子供は「勉強してるのになんで怒られなくちゃいけないんだ!」と反発します。

勉強してるんだから、何が問題あるのか??

と捉えていることが多いです。

つまり、「勉強してる」と「勉強が理解できている」の意味が違うことを、親は子供に伝える必要があるのです。


・「勉強してる」と「勉強が理解できている」の意味の違いを教えるには。

親から子供への声掛けの仕方が重要になります。

<「勉強してる」と「勉強が理解できている」を理解させる方法@質問を別々に。>

親「勉強してる?」

子供「勉強?してるよ!」

親「勉強の内容は理解できている?」

子供「勉強の内容?わからないところが多いんだ・・・」

「勉強してる?」と「勉強が理解できている?」の質問を別々にしていると、普通に子供は「理解はできていないことが多い。」と答えます。

そこで怒らずに、「何が理解できていない?」と聞き続けると、対処法が見つかってきます。


<「勉強してる」と「勉強が理解できている」を理解させる方法Aただやっているだけの子供へ。>

多くの子供は、勉強をやらされている感があります。

そうすると、ただやっているだけで、理解はしていないケースは多いでしょう。

そんな子供へは、先ほども少し触れましたが、分からない問題を聞いてあげて下さい。

そして、相手が何に悩んでいるのかを探りだす。

塾講師であれば、それを理解させる。

親であれば、そこを調べたり、学校の先生に聞くように促す。そして理解出来たか確認をする。

studyとunderstandの違いを子供に明確にさせてあげて下さい。

そうすることで、自然と、「勉強してる」だけでなく「勉強が理解できている」ことになっていきます(^^;


<以上、勉強の仕方:「勉強してる」と「勉強が理解できている」は意味が違う。でした。
教え方のコツについて質問・疑問がありましたら、
コメントお待ちしております。>


スポンサーリンク





posted by アレスト at 17:19 | Comment(0) | 上手な勉強の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

t